by

刑事処分される交通事故

交通事故が発生した場合には、加害者と被害者による示談で決着しなければいけないことが多くなっています。しかし、加害者がかなり悪質な運転を行っていた場合には、交通刑務所に入るという重い刑事処分が行われることもあります。このような場合には確実に弁護士の力が必要になるでしょう。なぜなら裁判が行われるからです。裁判というのは大きく分けると2種類存在しています。それは民事裁判と刑事裁判です。

民事裁判というのは、交通事故を起こした場合であれば、相手がきちんと謝罪や賠償を行わない場合、双方が被害者だと思い込み、決着がつかない場合などに行われるのですが、この場合にも弁護士の助けは重要になります。しかし、加害者が信号無視をした、ひき逃げをした、無免許運転であった、飲酒運転をしていたなどという場合には、刑事処罰されるのが一般的です。なぜなら明らかに道路交通法に違反しているからなのですが、事故を起こしていなくても免許取り消しなどの処分が実施されます。

もしくは多額の罰金を支払わなければいけなくなるのですが、通常は事故を起こしてしまうと逮捕されることが多いでしょう。以前は死亡事故であっても業務上過失致死という扱いでしたが、悪質なドライバーが後を絶たないことから、現在では危険運転致死傷という罪になるのです。過失というのは十分注意していたのに発生してしまう事故のことなので、無免許運転や飲酒運転というのは自分がわかっていて行っているため、このような罪に問われるのが普通なのです。

悪質な運転者に対して厳しい処罰が行われるのは当然のことなのですが、今までは刑罰が甘すぎたと言えるでしょう。現在でもかなり甘いと考えている人が多いのですが、少しでも悪質な加害者に重い刑罰を与えるために、弁護士に相談するという人もいると思います。そのためには交通事故に詳しく、さらには道路交通法にも詳しい弁護士に依頼しなければいけません。普段から交通事故を起こさないように安全運転を心がけることも重要になります。