by

物損事故では慰謝料の請求はできない

交通事故が発生した場合には、人身事故と物損事故に分類されるのですが、注意しておかなければいけないことは、人身事故と物損事故では異なる点がたくさんあることです。物損事故の場合には、自賠責保険を利用することができません。また、被害者が慰謝料の請求をすることができません。そのため、物損事故の場合には、破損した物の修理代しか請求することができなくなるのです。しかし、物損事故でも弁護士に依頼する人はいます。

外国ではすぐに弁護士に依頼して、高額の慰謝料を請求するのが普通の国もあるのですが、日本ではそもそも慰謝料の請求ができませんし、きちんと謝罪して修理代を支払えば、大半の人はそれで許してくれることが多いのです。そのため、物損事故で弁護士に依頼する人は少なくなっているのですが、物損事故でも修理代がかなり高くなってしまった場合には、任意保険を利用することもあるでしょう。そうなると被害者の方が保険会社と相談することになります。

そうなれば弁護士に依頼をして、きちんと修理代を請求するようになるのですが、物損事故の場合には、保険会社も全額修理代を支払ってくれることが多いので、比較的本人と保険会社だけでもまとまることが多いでしょう。少額であれば保険会社を使用せず、直接加害者が被害者に対してお金を支払うことも多くなっています。ただし、人によっては謝罪も行わず、修理代も支払おうとしない人が存在しているのです。このようなときは当然弁護士に相談するようになるでしょう。

そこで重要なのは、物損事故であってもきちんと警察へ届けて現場に来てもらうことが重要です。そうしないと事故を起こしたという証拠がなくなってしまうので、そのまま逃げられてしまうこともあるでしょう。また、その場で相手の連絡先をきちんと聞いておくことも重要です。そうすることで修理代を支払ってくれなかった場合、弁護士に相談をすることで、きちんと相手から請求することができるようになります。