by

保険会社は加害者の味方

車を運転する場合には、必ず加入しなければいけない自賠責保険と、任意で加入するのかを決める任意保険が存在しています。もし交通事故を起こした場合、常識で考えれば加害者がお金を支払うので、加害者が保険会社と交渉するのではと思うでしょう。しかし、実際には被害者が保険会社と交渉をして支払い金額を決めるようになるのです。保険会社もできる限り被害者にお金を支払いたくないと考えているので、実際には加害者の味方をすることが多くなっています。

交渉を行った場合、被害者は加害者の方に非があり、自分には非がないと主張することが多いのに対して、保険会社は被害者にも非があるとして、少しでも支払い額を抑えようと必死になることが多いでしょう。明らかに被害者にも非があるのに、全く非がないように発言しているのであればまだしも、被害を受けた分の賠償もしてもらえないようでは、被害者が泣き寝入りすることになってしまいます。ではどのようにするべきなのかというと、弁護士に依頼するのです。

保険会社というのは交渉のプロなので、一般の人では言いくるめられてしまうことが多いでしょう。そこで被害者も交渉のプロである弁護士に依頼することで、対等かそれ以上に有利な交渉ができるようになるのです。弁護士の報酬は、相談料と着手金、そして成功報酬という形でお金を依頼者から受け取っています。しかも相談料や着手金を無料にしていることも多いので、成功報酬がどうしても欲しいと考えているのが一般的です。

できる限り多くの慰謝料を支払ってもらうことで、弁護士の成功報酬も上がるため、弁護士は依頼者の味方をしてくれるのです。中には依頼者よりもお金を重要視するような弁護士もいますし、交通事故に関する知識に乏しい人もいるので、交通事故に詳しくて信頼できる弁護士に依頼しないといけません。しかし、少しでも慰謝料を多く支払ってもらうためには、加害者の味方である保険会社を言いくるめられる弁護士への依頼が欠かせないと言ってもよいでしょう。