弁護士事務所とホームページ制作

弁護士選び

弁護士が選ぶ時代から選ばれる時代

弁護士の登録人数が、この10年で2.5倍に膨れ上がったこともあり、現在弁護士先生も、昔と違って黙っていれば、お客様が連絡してくると言う時代ではなくなりました。

つまり、弁護士も仕事を選ぶ時代ではなく、選ばれる時代になったのです。

では、弁護士はどういう基準で選ばれるでしょうか?それは、「町弁」といわれるように、「町医者」と同じで、近所に住む弁護士事務所が優先して選ばれているようです。つまり自宅から近いというのが、一般消費者から選ぶ場合は多いでしょう。

また、弁護士はかなり敷居が高い存在ですので、だれかその道に詳しそうな方から紹介してもらうというのもあるでしょう。しかし、まわりに、弁護士に詳しい方がいなければやはり、インターネットから探すとういことになります。

弁護士選ぶためには情報が必要

弁護士 ホームページに書いてあるように、弁護士選びには、情報量が絶対的に必要です。出身地や、なぜ弁護士になろうとしたのか?あるいは、その弁護士のモットーなど、弁護士の人柄は、やはり、自分の人生に深くかかわる問題を相談、依頼する以上信頼が必要だからです。弁護士資格を持っている人なら誰でもよいというわけではないのです。

当然、インターネット検索で、弁護士によって結果が大きくことなることも消費者、顧客は情報を得ているわけですから、この弁護士は、私の問題を真剣にきいてくれるだろうか?という視点で情報収集します。だからホームページに詳細に情報が書き込まれている必要があるわけです。

もう1つ重要なので、その弁護士の専門性です。この弁護士は、自分の問題を間違いなく、リーズナブルな価格で、解決できるのか?ということです。火を消化してもらうために、弁護士依頼したはずなのに、炎上しては意味がありません。また、その問題に対して、精通している必要があります。借金、交通事故、離婚、相続、特有の課題、問題があり、また、解決のコツがあることも知っています。だから、その当たりの勘所を押さえている専門性の高い弁護士に依頼したいと考えています。

弁護士も、いかに、顧客を満足させることができるか?工夫している事務所が選ばれ、生き残っていける時代になったといえるでしょう。